太陽光発電

太陽光発電を投資先として考えている一般投資家というのは実は相当数いるということがわかっております。

現在全量買取制度は、企業であったり小学校高校などの団体であったり
パネルを設置している規模感によって全量買取制度が適用されるされないという条件があります。

大きな土地を有する資産家にとっては、全量買取制度が適用されるされないというのでおそらく投資回収効率が大きく変わってきていると思います。

一般家庭においては余剰電力、つまり自分の家で消費した電力異常に発言している場合に余った電力を得るということになりますがこれでも一般家庭では非常にありがたいという状況になっているのは間違いありません。

中には1ヶ月の電気代が0円というような過程もあるようで
地域を挙げて発電効率を良くしているような区画もありますよね。

群馬県のモデルケースで始まった区画地域の全体で太陽光発電の効率を上げる
そして電気が分け合うという仕組みが導入されていましたがこれはあくまで一般家庭におけるモデルでした。

ですから養生電力を得るなり他の家に分け合うという形です。

この一般家庭の余剰電力を売却する仕組みが全量買取制度へと移行されたとき、
かなり一般投資家は動くものと思われます。

ソフトバンクが個人の家の屋根を買い取ってソーラーパネル無料で設置するというキャンペーンを行っていますが、
資本がある投資家も同じことができるというのが個人宅の全量買取制度ということになるけです。

これができると一気に太陽光発電の広がりの幅が出てくるわけですから
政府が求めている太陽光発電の普及というのは一気に広がるでしょう。

しかしながら買い取る価格の変動が大きいと
当然のことながら支払う金額が高くなるわけですからその辺の懸念があって
政府、ならびに電力各社は踏み切れないというような状況では無いでしょうか。

>>>太陽光発電のメリットとデメリットはこちら

ナンパのテクニック