太陽光発電

東日本大震災における東京電力の問題に端を発する現在の電力事情、

政府としても簡単に原発再稼働と言うわけにはいかず、
表向きは対応せざるを得ないでしょうが現実問題、経済界に与えるダメージは相当なもので

原発を止めてしまっては日本経済はうまく回らない、これはほぼ間違いないと思います。

当然のことながら反対派もいるわけで、
この辺政府としてはバランスを取らなければいけないわけですが
太陽光発電はその1つの打開策としての位置づけとしても大きいのかなと考えられます。

京都議定書で無理矢理感がある中で発表したCO2削減問題、
これに関しても太陽光パネル、ソーラー発電が非常に期待の大きいインフラとして
当時から注目されていました。

そして今回東日本大震災があり、
その注目度は一気に高まったと言うのは間違いないでしょう。

ここでもう少し一般家庭的な目線で話をする必要があるかなと思います。

東日本大震災で起こった原発問題で、間違いなく電力不足が懸念されます。

原発稼働コストや電気の転換率などの問題で
今後電力が値下がりしていくという事はほぼ考えづらいでしょう。

つい先日政府、関西電力九州電力の値上げ幅について
圧縮ということでニュースが報道されていましたが、結局のところ値上げで落ち着いていることは間違いありません


1世帯当たり1ヶ月の負担額は関西電力の区域内で450円程度、九州電力の区域内で220円程度
と言う話が上がっておりましたので遅らくこれで決着はつくでしょう。

しかし年間あるいは10年スパン遠出見ると非常に大きな値上げ幅です。

これは直近の値上げであって今後それが下がっていくということは考えづらい状況ですから
この後さらなる値上げというのは間違いないわけです。

そうなると太陽光発電を導入している家庭とそうでない家庭との差というのは
非常に大きな開きが出てきます。

この先の太陽光発電の売電価格がどうなるかわかりませんが、
政府肝いりで行っている政策である太陽光を利用した発電システムですから
現段階ではまだ普及に至ってはいないということを考えると買い取り価格は
ある程度高い金額であると言うことが予想されます。

したがって早く太陽光発電システムを導入した人、導入した家庭が
大きなメリットを得られるという事は間違いないでしょう。

>>>太陽光発電のメリットとデメリットはこちら

ナンパのテクニック